「農民」記事データベース20070423-777-04

農のこころ

丸山美沙夫


 蒔きし種妻が消しゆく平らかな

            北見 弟花

 俳誌『樹氷』から。俳句では、「種蒔く」は籾の種を蒔くことをいう。近年はほとんどが田植機によるため育苗箱の中に蒔かれるように変っている。とにかく籾の上に平均に土を被せて苗を揃えることに変りはない。よく見て手直しをしたり、平に土をかける、作業の大事な役目を妻が果す。まさに夫婦の息の合うところ。

(新聞「農民」2007.4.23付)
ライン

2007年4月

HOME WTO トピックス&特集 産直・畜産・加工品 農業技術研究
リンク BBS 農民連紹介 新聞「農民」 農とパソコン

農民運動全国連合会(略称:農民連)
〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-23-2
池袋パークサイドビル4階
TEL (03)3590-6759

本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
Copyright(c)1998-2007, 農民運動全国連合会