女性部
最新情報
トピックス

国連「家族農業の10年」が始まりました
 2018年12月17日、国連総会で「小農民と農村で働く人々の権利に関する宣言」(農民の権利宣言)が採択されました(日本政府は棄権)。また、2019年から国連「家族農業の10年」が始まりました。「家族農業こそ食糧問題の持続可能な解決策だ」ということが、国際社会の新しい共通認識です。自由貿易や企業の農業参入、大規模化・輸出産業化を進め、小規模生産者を敵視する安倍官邸農政とは真逆。農政の転換をめざして力を合わせましょう。

「家族農業」国際フォーラムを開催します!
 「家族農業の10年」と「農民の権利宣言」についてみなさんとともに学び考えるフォーラムを、国際農民組織 La Via Campesina(ビア・カンペシーナ)の代表や専門の研究者を招いて開催します。ぜひご参加ください。
  dff-forum
 と き:5月25日(土)13:00〜17:30
 ところ:明治大学リバティータワー1013教室
 (詳細はチラシをご覧ください。)
 ※ ご参加を希望される方は事前の申し込みをお願いします。(5月15日まで)
  専用フォームにご記入ください。

(関連資料)
 ・「農民の権利宣言」全文(国連のホームページ、英文)
 ・「家族農業の10年」国連決議(同上)
 ・国際農民組織 La Via Campesina によるプレスリリース(英文)
 ・農民連は「農民の権利宣言」の解説を収録したブックレットを発行しています。
  詳しくはこちらをご覧ください。

【声明】日欧EPA承認案の参議院本会議での強行に抗議し、新たなたたかいを呼びかける
 12月8日、参議院本会議で日欧EPA承認案が強行可決されたことに対して、上記の抗議声明を発表しました(12月11日付)。
 全文はこちら

【声明】「日米FTA」の実質交渉入りで合意した安倍政権に抗議し、経済主権と日本の農業を守るために全力をあげる
 日米首脳が「日米物品貿易協定」(TAG)なるものの交渉を開始すると表明した(9月27日)ことについて、農民連は上記の抗議声明を発表しました(10月1日付)。
 全文はこちら


新聞「農民」

最新記事

記事データベース

HOT情報
写真