新聞「農民」
「農民」記事データベース20170612-1266-11

ジワリ ジワリ

あなたに忍び寄る
遺伝子組み換え汚染
(4/4)

関連/あなたに忍び寄る遺伝子組み換え汚染(1/4)
  /あなたに忍び寄る遺伝子組み換え汚染(2/4)
  /あなたに忍び寄る遺伝子組み換え汚染(3/4)
  /あなたに忍び寄る遺伝子組み換え汚染(4/4)
  /茨城県産 はるばるきたのね下北まで


あなたの農作物は大丈夫?

ナタネとダイコンの交雑種?
検査したらGMだった
食品分析センター

 GMナタネの自生調査や抜き取り活動などを行っている市民団体「遺伝子組換え食品を考える中部の会」が3月26日に名古屋港でナタネと大根との交雑が疑われる個体を採取し、その場で簡易試験(試験紙で行う1次試験)を実施しました。

 4本の茎があり、黄色い花をつけている茎から採取した葉は、除草剤ラウンドアップ(成分グリホサート)をまいても枯れない遺伝子組み換え(陽性)でした。白黄色の花をつけている茎から採取した葉は、遺伝子組み換えではありません(陰性)でした。

 そこでこの大根との交雑種が疑われる個体を農民連食品分析センターに送り、検査しました。分析センターで1次試験を行った結果、黄色い花の茎は陽性、白黄色の茎は陰性でした。

 遺伝子を調べるPCR法(2次試験)で検査してみると、黄色の花の茎は陽性、白黄色の花の茎も陽性で、1次試験と違う結果がでました。

画像
遺伝子組み換えのナタネとダイコンとの交雑種か?

 大根との交雑種であるかどうかは現在、調査中です。しかし、ナタネをはじめ、大根、キャベツ、ハクサイ、ブロッコリーなどのアブラナ科植物は、同じアブラナ科同士が交雑しやすく、GMナタネが他のアブラナ科植物と交雑して、知らない間にGM汚染が広がることも考えられます。あなたの畑は大丈夫ですか?


画像
青森・むつ市  〓(※)田 眞佐子

※〓は、「吉」の異体字、ただし、「士」が「土」。

(新聞「農民」2017.6.12付)