新聞「農民」
「農民」記事データベース20171002-1281-04

“戦争法”強行から2年

市民と野党の共同で
安倍退陣を

総がかり行動
国会前集会に1万500人


 安全保障関連法制=戦争法の強行採決から丸2年たった9月19日、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会は国会前で大集会を行い、1万500人が集結しました。

 4野党からは民進党の小川敏夫参院議員、日本共産党の志位和夫委員長、社民党の福島瑞穂副党首があいさつ。自由党の小沢一郎代表がメッセージを寄せました。

 共同代表の高田健さんは主催者あいさつで「毎月19日に集まった多くの市民の力が、南スーダンから自衛隊を撤退させ、昨年の参議院選挙で野党4党の結束を生み出した」と指摘。「市民と4野党で立憲主義の回復と戦争法に反対、市民生活を向上させるという立派な共通政策を作り上げてきた。今日を、安倍内閣を倒した歴史的な行動の出発点とするためにがんばりましょう」と呼びかけました。

 安全保障関連法に反対する学者の会の佐藤学さんは「市民連合が発足して以降、市民と野党が連帯し、市民が選挙もたたかい抜く新しい政治が生まれました。この2年の怒りと涙と絶望をたいまつにして大きく燃え上がろう」と訴えました。

 安保関連法に反対するママの会@大田の澤口香織さんは、「誰の子どもも殺させない、勝つまで負けない。がんばりましょう」と力強い決意を述べ、大きな歓声と拍手がわきました。

 最後に総がかり行動共同代表の福山真刧さんが行動提起を行いました。

(新聞「農民」2017.10.2付)
HOT情報
写真