新聞「農民」
「農民」記事データベース20180709-1318-05

食糧生産の重要性認識
もっと知りたい!

『農民連ブックレット』使い
茨城農民連 役職員学習研修会


 茨城農民連の単位組織と産直組織の役職員を対象とした、役職員学習研修会が6月5日に石岡市内で開かれ、23人が参加しました。

 第一部の講師は、全国農民連国際部副部長、岡崎衆史さん。「世界で進む農政の大転換・家族農業こそが世界の流れ」をテーマに、丁寧に話しました。

 第二部は「農民連の歴史と行動要領」について、農民連ブックレットを使い県連から5人の方が分担し講師をしました。

 研修後、「世界人口がますます増える中、食糧生産の重要性を改めて認識しました」といった声も。

 私は、今年4月に産直の仕事に就いたばかりで、初めての学習研修会とはいえ知らないことばかりでした。これからは積極的に学習し、もっと知りたい! という気持ちが芽生えました。無知は最大の罪です。私のようにまだ知らない方に伝えられるよう、知識を深めたいと思います。

(産直ネットワークいばらき 人見万理子)


 訂正 7月2日付(1317号)2面「参議院内閣委員会で意見陳述」の記事中、「国家貿易によるマークアップは麦で270億円」とあるのを、「227億円」に訂正します。

(新聞「農民」2018.7.9付)